ラクトフェリンの副作用|ラクトフェリン評判のいいサプリ

ラクトフェリンの副作用

ラクトフェリンは食品なので副作用はありません。ただし食品でも食べ過ぎれば便がゆるんだりすることも当然あります。そのためそれぞれのラクトフェリンサプリの目安量を守ることが重要なのです。またラクトフェリンサプリと言ってもラクトフェリン単体だけではなく、他の成分が含まれている場合もあるので、それぞれのメーカーの目安量を守ることはとても大切ではないでしょうか。

 

ラクトフェリンの安全性

ラクトフェリンは1986年に森永乳業が粉ミルクに配合したことによって、世界で初めて商品化されました。それから長い年月ラクトフェリンの素晴し成分の研究は世界中で行われ、それと同じに多くの人たちがラクトフェリンを摂取してきました。それらの食体験の歴史、実績からもラクトフェリンに副作用と言われるようなものはないことが分かっています。
ただしラクトフェリンサプリの製造においての安全性、含まれている成分に対しての安全性などは、それぞれのメーカーによるものです。そのためわたしたちは信頼のできるメーカーのラクトフェリンを選ぶことが大切になりそうです。

 

アレルギーの問題

副作用ではありませんが、アレルギーを持っている人にとってはアレルゲンの入っているものは、副作用と同様に怖いものです。特に生乳から抽出するラクトフェリンは乳製品に対するアレルギーを持っている人は割けるべきでしょう。また他の成分が含まれている場合はラクトフェリンだけでなく、それらの成分に対するアレルギーもないかもチェックすべきです。

 

妊娠中や授乳中は避ける

妊娠中や授乳中にはどのような成分であっても、妊婦専用に製造されたもの以外は避けるようにしましょう。例えばビタミン類でも合成ビタミンサプリも多く出まわっています。しかし妊婦用であれば天然由来のビタミンがおすすめです。
このようにどのようなものでも妊婦用として製造されているサプリ以外は避けるようにしましょう。そして授乳中はお母さんが摂取したものが、直接赤ちゃんの体に入ることになるので、やはり妊婦専用のサプリでなければ授乳が終ってから、毎日の元気のためにまた再開するといいのではないでしょうか。

 

他の薬を飲んでいるとき

病気のため何か薬を飲んでいるときでも、食品なので特に問題はないと言われていますが医師と相談してからにしましょう。