ヨーグルトや牛乳から摂るラクトフェリン|ラクトフェリン評判のいいサプリ

ラクトフェリンと牛乳とヨーグルト

ラクトフェリンは生乳から抽出されるものなので、牛乳にも当然含まれていると思われる人もいるようですが、実際にはなかなか難しいようです。ラクトフェリンは鉄分と強力に結合する性質のため、絞りたての生乳でなければ酸化してしまいます。そのため絞りたての生乳であれば、100mlに対してラクトフェリンは30mg含まれていると言われています。1日300mgのラクトフェリンを摂取するためには約1000ml摂取する必要があるわけです。しかし新鮮な生乳を飲める人は、多分牧場に近い人ぐらいではないでしょうか。

 

また一般の牛乳は加熱処理をしているため、ラクトフェリンは期待できません。ただし非加熱処理の牛乳であれば、100mlに対しラクトフェリンは10mg程度と言われています。300mgのラクトフェリンを摂取するには3000mlも摂取することになります。

 

森永ラクトフェリンなら

しかし森永乳業の一部の牛乳やヨーグルトには、ラクトフェリンが含まれているのです。森永乳業はもともとラクトフェリンの研究を長年行っています。世界的にもライオンと並ぶ有名なラクトフェリン研究を行っているメーカーです。森永乳業は生乳から化学物質を使わない抽出に世界で初めて成功し、1986年に初めて乳児用粉ミルクにラクトフェリンを配合し、ラクトフェリンを初めて商品化したメーカーなのです。今でも粉ミルクや牛乳、ヨーグルトなどの乳製品にラクトフェリンを添加した商品を発売しています。

 

森永乳業とライオンの違いに見るラクトフェリンへのスタンスの違い

世界的にもトップクラスのラクトフェリンの研究で知られている、森永乳業とライオンのラクトフェリンに対するスタンスは、大きく違っているところがあります。ライオンは生乳から抽出されたラクトフェリンを胃酸などの影響を受けずに、そのままのかたちで腸に届どけることを重視しています。
逆に森永乳業では胃酸で分解されてもラクトフェリシンという成分となって、やはり元気のお手伝いをするという考え方によって、腸までそのままのかたちで届けることを特に重視していません。そして森永乳業ではラクトフェリンサプリ以外に、ラクトフェリンを森永乳業の牛乳やヨーグルトにも添加されたものもあるのです。

 

ライオンと森永乳業との考え方によって違ったスタンスに立っており、他のメーカーもこのどちらかのスタンスと同じような立ち位置を取っています。どちらも間違いではなく、それぞれの個性と特性があるということになりそうです。ライオンのラクトフェリンはそのまま感じられる素晴しさ、森永の何にでも添加できる便利さなど、どちらを選択するかは消費者の考え方によるのではないでしょうか。